美容の敵!シミの原因について-その2-

多くの方がお悩みのシミ。
前回の記事ではシミのメカニズムが、ターンオーバー(新陳代謝)のサイクルが崩れメラニン色素が肌に沈着することによるものであること、またその原因についてご紹介しました。
今回は、前回に引き続きシミの原因について、他にどのようなものが考えられるのか見ていきたいと思います。

■ニキビ
紫外線だけでなく、ニキビも原因と成り得ます。特に炎症が強いニキビが、跡になって残ってしまったものを放置してしまうと、これに紫外線などが影響し、シミになってしまいます。
最初は赤みを持ったシミが出来ますが、紫外線の影響を強く受けやすいため、どんどん色素沈着して黒ずんでいきます。
また、より炎症がひどく化膿してしまった場合は炎症が肌の部分まで達するので、シミになるだけでなく、肌のでこぼこしてしまう恐れもあります。

■スキンケア
肌をきれいに正常に保つために行うスキンケアですが、方法を間違えるとむしろシミの原因になってしまいます。
具体的に肌にダメージを与える方法は、化粧水や乳液を付ける際に、肌に浸透させようと強くパッティングしたりこすったりしてしまうことです。
こういった方法によって肌を刺激すると角質層が傷ついてしまい、乾燥肌が進みます。
するとメラニン色素が沈着しやすくなるので、シミの原因になってしまいます。

■ストレス
強いストレスはホルモンバランスの乱れを生みます。ホルモンバランスが崩れると色素細胞が活発に動き出すようになり、シミを増やすと言われています。
また、ストレスは肌の老化に繋がる活性酸素を増やすので、よりシミが出来やすい肌になってしまいます。

■タバコ
シミの原因であるメラニンの活動を抑えてくれるのはビタミンCという栄養素ですが、タバコを吸うことでビタミンCは減ってしまいます。
また、ニコチンは新陳代謝を衰えさせるので、ターンオーバーのサイクルが遅くなり、メラニンが肌の外に出ていきにくくなってしまいます。また老化の原因にもなるため、長く吸えば吸う程シミの原因となります。
いかがでしたでしょうか。
今回紹介した以外にも、乱れた食生活や睡眠不足などの生活習慣など、シミの原因のなるものは多く存在します。
規則正しい生活習慣を心掛け、正しい方法でスキンケアを行っていくことが非常に重要だと言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です