目指せツヤサラ髪!【ヘアサロンに行く頻度編】

「イメチェンしたい!リフレッシュしたい!」と思ったときに、ヘアサロンで髪の色を変えたりパーマをかけたりする女性は多いのではないでしょうか。しかし、その度に髪の毛は痛む一方…。せっかく綺麗になったなら、ツヤサラな綺麗な髪の毛をキープしたいですよね。
そこで今日から3回にわたってツヤサラ髪を手に入れるための秘訣をお伝えします!

まず今回は、髪の毛への負担が少ないカラーリング・パーマの頻度をご紹介します。

◆ヘアカラーの頻度って?
「いろんな色に変えたくなる!ちょっとでも色落ちするのがイヤ!」そんな方は多いですよね。逆に「面倒くさくてなかなか染め直しに行けない…」と、生え際が伸びてきてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、どちらのタイプの方にも美しい髪の印象を保つためのカラー頻度を知っていただけたらと思います。
ところで、髪の伸びるはやさをご存知でしょうか?実は、ヒトの髪の毛は1カ月に1センチのペースで伸び続けているのです。「プリンになってきた」と感じる生え際の伸びが目立つ時期は、3センチほど地毛が伸びた時です。つまり2カ月に1度のヘアカラーが、最もいい印象をキープできる頻度と言えるでしょう。
また、ヘアカラーの維持期間もちょうど2カ月ほどと言われているため、髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えるためにもベストなタイミングではないでしょうか。

◆パーマってどれくらいキープできるの?
さて、パーマをかける頻度も見ていきましょう。
パーマをかけると、大きく印象を変えて垢抜けることができる一方で髪の毛に与えるダメージも大きく、その頻度は慎重になりますよね。
カラーと違って、パーマは髪の長さやパーマの種類、ケア方法によって保持期間が異なります。今回は、髪の長さごとにパーマをかける頻度をお伝えします。
◇ショート~ボブ
ショートやボブの方は髪型のシルエットを維持するためにカットしてしまうと、どうしてもカール部分が短くなってしまうためパーマの維持が難しくなります。カットに合わせてパーマをかけなおすことを考えると1カ月半~2カ月の頻度がベストになるでしょう。

◇ミディアム
パーマは長持ちしますが、2~3か月すると髪のダメージが気になるようになるかもしれません。理想のシルエットが保てなくなってしまったタイミングでのカット・パーマを心がけましょう。

◇ロング
最もパーマが長持ちしやすい長さですので、3カ月~6カ月ほどキープすることができます。髪の毛が長い分、毛先はとても傷みやすくなっているのでヘアサロンで定期的にカットして毛先までキレイな髪の毛を目指しましょう。

いかがでしたでしょうか。
正しい頻度でカラーをすることで、ツヤのある髪の毛を手に入れられるはずです。
次回は、普段のケアからパーマやカラー後のケアまで、ツヤサラ髪を手に入れるためのヘアケア方法をご紹介します。ぜひ、お持ちのシャンプーやヘアオイルを見直す機会にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です