夏のオイルケア

読者の皆さんこんにちは。
暑い日が続きますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか?
暑くて汗もかきベタつく季節には、ついお肌のオイルケアも怠りがちだという方はいらっしゃいませんか?
また、「夏はベタつくからあえてオイルは使わない」という考え方の方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、そんなベタつく夏こそ、オイルケアが大切なのです!

今回の記事では、ベタつく夏のオイルケアについてご紹介致します。
まず、皮脂の分泌量が増える夏は、冬とは違うオイル選びをすることが望ましいという肌タイプの方もいらっしゃいます。
普段愛用されているオイルを、今一度見直してみましょう。

◆オイリー肌の方の夏のオイル選び
オイリー肌の方は、一般的に夏には軽いテクスチャーのオイルに変えてみることが望ましいとされています。
しかし夜のオイルケアでは、オイリー肌の方でも冬に使用されているオイルを使ってみることがオススメです。なぜならば、夏は日中に使用する日焼け止めの影響で、肌がかなり乾燥しているためです。乾燥した肌には、重ための冬用オイルがいいでしょう。寝る前にオイルを使用することで、水分量を維持するために不可欠な肌の天然皮脂が強くなります。

◆乾燥肌の方の夏のオイル選び
乾燥肌の方は、夏にも重ための冬用オイルを使うことをオススメしています。皮脂を守ってくれるような、リッチなオイルがいいでしょう。寝る前のオイルケアも、オイリー肌の方と同様、冬用オイルで構わないでしょう。寝る前にもしっかりと保湿をして、日焼け止めなどの乾燥に負けない肌に仕上げていきましょう。
上記でもご紹介した通り、夏は紫外線が特に強くなる季節です。日焼けやシミ・そばかすを気にされる方々は、普段から日焼け止めが欠かせないのではないでしょうか?

もちろん紫外線をそのまま顔に浴びてしまうことでの肌のダメージは大きいので、日焼け止めを塗るのは大切なのですが、日焼け止めによる肌乾燥のダメージは無視できません。
よって、むしろ夏こそ肌のオイルケアが欠かせない季節だということもできるでしょう。
普段外出される機会が多い人、外回りの仕事などで外にいる時間が長い人などは、日焼け止めできっちり肌対策をするだけでなく、セットでオイルケアの肌対策もお忘れなく!

いかがでしたか?
今回は、夏のオイルケアについてご紹介致しました。
こちらの記事を参考に、皆様が夏を少しでも快適に過ごせ、潤った肌作りに役立てられることを望みます。

オイルリンパマッサージの効果(フェイス)

前回の記事では、お顔とかかとのお肌の乾燥と、オイルの関係についてご紹介しました。
実は、オイルはお肌のケアだけではなく、オイルリンパマッサージをすることもできる優れものなのです。
リンパマッサージのために、オイルに惹かれている読者の方々もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、オイルを使ったお顔のリンパマッサージ(フェイスリンパマッサージ)の効果についてご紹介します。

そもそも、リンパマッサージ自体の根本的な効果は、「血流の促進」と「リンパの流れを促進」することにあると言われています。
また、手指でマッサージすること自体を気持ち良いと感じ、「リラックス」や「満足感を得られる」という効果もあります。
それでは、それらの根本的な効果から得られる、表面に現れる実際の効果についてご紹介します。

◇ほうれい線・シワを薄くできる
リンパマッサージによってお肌のシワを伸ばしていくことで、シワを薄くする効果が期待できます。また、ほうれい線が気になる方にも同様に有効です。シワやほうれい線は、表皮の乾燥や真皮層の破壊が最も大きな原因だと言われているため、オイルで乾燥自体を防ぐ効果も期待できますね。

◇小顔・リフトアップ効果がある
顔のサイズやたるみが気になっている多くの方は、実は脂肪が多いことだけではなく、むくんでいることが原因だとも考えられます。フェイスリンパマサージでは、リンパの流れを促進することでむくみの改善が期待できるので、同時に小顔やリフトアップに繋がります。

◇お肌のハリが良くなる
リンパマサージで血流を促進し、お肌の内部で細胞が作られる過程を手助けしてあげることで、お肌のハリの改善に繋がります。部分的に言うと、ハリのある目元にしたいという願いを持つ方も多くいらっしゃるので、目元を中心的にケアすることも有効でしょう。

◇アンチエイジング効果
リンパマッサージによりお肌のハリ、リフトアップ、ほうれい線・シワの改善ができると、結果的に若々しいお顔に見えるようになるでしょう。

いかがでしたか。
オイルを使ってフェイスリンパマッサージを施すことによって、いくつもの嬉しい効果があることがお分かり頂けたでしょうか。
エステサロンに通うのは時間も費用もかかってしまいますが、オイルを買って、お家の中でお気に入りのオイルでリラックスしながらなら、続けるのも苦にならないかもしれませんね。

お肌の乾燥とオイルの関係

読者のみなさんこんにちは。
このページにいらっしゃる、オイルに興味のある読者の方々は、一度はお肌の乾燥について悩まれた時期があるのではないでしょうか。
私もお肌の乾燥については散々悩まされてきました。
そこで今回は、お肌の乾燥とオイルの関係についてご紹介致します。

◇お顔の乾燥
お顔の乾燥は、メイクをする女性にとっては化粧ノリにも大きく関わってきますし、気になってしまうポイントですよね。
私も、湿気の多い季節や夏には気にならないのに、乾燥する季節や冬にはいつも、頬付近の肌が乾燥で荒れ、化粧をするたびにため息をついていました。
様々な化粧水や美容液を試しても効果が感じられず、肌年齢の関係かな?とも考えていました。
それもそのはずです。美容液や化粧水には保湿力に限界があります。
それに比べオイルは、それらに比べて何倍もの保湿力があります。
読者の方々の中には、今の化粧ノリの悪化が乾燥のせいだとは気が付かれていない方もいらっしゃるかもしれませんね。
お顔の乾燥や化粧ノリの悪さでお悩みの方は一度、騙されたと思ってオイルを試してみてください。

◇かかとの乾燥

かかとの乾燥もまた、私を悲しませる要因の一つでした。
私は結構かかとの乾燥が重症な方で、酷いときにはかかとに入ったヒビが割れ、歩くたびに痛いという事態にも陥りました。
というのも、かかとの乾燥って冬だけではなくて、意外とサンダルを履く機会の多い夏にも起こりがちなのです。

冬はまだ、靴下やタイツ等でかかとを露出する機会が減りますが、夏はサンダル等により裸足でいる機会が増えます。
特に、ビーチでバカンスを謳歌したい季節でもあるので、水着を着て裸足になってみた時にかかとが荒れているというのは、マイナスイメージに繋がりかねません。
逆に、かかとまでしっかりケアしているというのは、イメージアップにも繋がるでしょう。

そんなかかとの乾燥、これも私はクリーム等で寝る前に保湿に励んでいましたが、一向に成果が現れませんでした。
そこで友人に勧められたオイル。
私の場合はオイルにより、劇的にかかとの乾燥が改善されました。
やはり、クリームとは威力の違いを感じました。
こちらも、かかとの乾燥で悩める方々には一度は試して頂きたいです。

いかがでしたか?
今回の記事では私の実体験も元に、お顔とかかとの乾燥とオイルの関係についてご紹介させて頂きました。
次回はオイルによるリンパマッサージの効果についてご紹介致します。

オーガニックにこだわったアルガンオイル!リュミエールブランのグラース

突然ですが皆さん、アルガンオイルをご存知でしょうか?
アルガンオイルとはモロッコの南西部にのみ存在するアルガン樹の実100㎏から、たった1リットルしかとれない大変希少なオイルです。このアルガンオイルには様々な美容成分が含まれており、顔や体、髪まで様々な部位に使用することができます。そんなアルガンオイルの中でも、今回はリュミエールブランのグラースという商品をご紹介します。

リュミエールブランのグラースは、オーガニックに対してこだわりぬかれた製品です。オーガニック農法とは、単に農薬と化学肥料を使用していないというだけでなく、決められた基準の中でそれらを使用しない農法です。リュミエールブランのグラースは、日本でも数少ないACOオーガニック製品加工者認証を取得している工場で製造されています。ACO認証は、オーガニック先進国のオーストラリアで最も厳しいものなので、それだけ信頼できるオーガニック製品だということです。
工場でどのような方法が使われているのかというと、低温圧搾法と呼ばれるものです。この製法により、手作業で搾る工程の問題点であった衛生面の問題や酸化の問題を解決したのです。

リュミエールブランのグラースには、魅力的なポイントがいくつかあります。
まず、ビタミンEがオリーブオイルの3~4倍以上含まれていることです。ビタミンEには抗酸化作用があるため、皮膚細胞の酸化を予防し、シミやそばかすを減らす効果があります。この抗酸化作用が、製品の酸化防止剤としての役割も果たしています。

さらに、体内の活性酸素を中和して老化を抑えるアンチエイジング効果があるのです。

また、オレイン酸やリノール酸といった必須脂肪酸が豊富に含まれているのも特徴です。人間の皮脂の41%はオレイン酸でできています。その皮脂に近い成分が角質間細胞に浸透すれば、皮膚を柔軟にしたり、肌を保護する効果が期待できます。加えてリノール酸には、角質細胞を整え皮膚の水分・油分を蓄える作用を高める効果があり、様々な肌トラブルを改善し、肌を健康に保つ役割を果たします。
こういった魅力的な効果をもつグラースですが、アルガンオイルというものは非常に酸化ものです。そこで、遮光ビンの中に入れることで酸化を防ぎ、新鮮な状態でお客様の元に届くようになっています。

いかがでしたか?
オーガニックにこだわったアルガンオイル、リュミエールブランのグラースの魅力を感じていただけたでしょうか。ぜひ、一度手にとってその効果を実感してくださいね。

徹底した原料へのこだわり!ジョンマスターオーガニックとは

スキンケアやヘアケアのための化粧品を選ぶ際、体に直接影響を与えることを考慮すると、その製品がどれだけ体に優しい商品なのか気になりますよね。
となると、素材がオーガニック植物や天然由来であることが望ましいです。そのような商品をお探しの方には、「ジョンマスターオーガニック」というブランドの商品をオススメします。
今回は、ジョンマスターオーガニックというブランドの魅力についてお話しします。

・ジョンマスターオーガニックとは
NYソーホーのヘアサロンで活躍していたジョンマスターが、自宅のキッチンで地道にオーガニックエッセンシャルオイルをミックスするようになったのが始まりです。世界中に彼が研究し開発した商品が伝わるまでには、15年以上の歳月がかかりました。1991年に、「地球に敬意を払うラグジュアリーなビューティーラインを」というコンセプトでジョンマスターオーガニックは誕生しました。

・ジョンマスターオーガニックの理念
先述した通り、ジョンマスターオーガニックの理念は地球に敬意を払うということです。地球は1つしかなく、我々の体も1つしかありません。だからこそ、両方を大事にすることが真のナチュラルビューティーを創造すると考えているのです。そのため、合成化学物質ではなく、オーガニック植物や天然由来の素材を使うことを基本としています。製品を作るのにかかった時間やコストには、植物を丁寧に育て摘み取る農家の方々や、自然を大切に思う人々の想いが込められているのです。

・徹底した原料へのこだわり
ジョンマスターオーガニックの特徴として挙げられるのが、その徹底した原料へのこだわりです。ジョンマスターオーガニックの製品には、ジョンマスターが設定した11の基準をクリアした原材料しか使用されていません。どのようなものがあるかというと、「全ての商品は50~100%オーガニック原料を使用しなくてはならない」「遺伝子組み換えされた原料は使用しない」「全ての原料は髪と肌に効果があることを証明しなければならない」「全ての原料は環境に優しい方法で収穫されなければならない」などです。

いかがでしたか?
ジョンマスターの地球に敬意を払うという理念、ジョンマスターオーガニックの徹底した原材料へのこだわり、非常に魅力的ですよね。本当にこだわり貫かれた体に優しいヘアケア・スキンケアを使いたいのなら、ジョンマスターオーガニックの製品を手に取ってみてはいかがでしょうか。